肩こりの治療

病院へ行く

肩こりがひどくて辛い人には、まず病院へ行くことも視野にいれてみてはいかがでしょうか。原因がわかりますし、そうすると改善する方法も見つかってきます。もちろん病院での治療も受ける事ができます。

しかし病院での治療は肩こりの完治にはなりません。あくまでもその場の痛みを和らげる療法です。治療をしたくない人は自分である程度改善方法を見つけるしかありません。それよい他の病気がある可能性も否定できないので、まずは病院で原因を見つけてみる事です。

薬物療法

主に病院で行われる治療は薬物療法になります。あまり重症だと思われない人には飲み薬が出されます。消炎鎮痛剤と言って、肩の中で起きている炎症を鎮めて、痛みを和らげる薬です。また炎症が原因で無い場合には、筋肉を和らげる様にしたり、緊張感を和らげるために抗不安剤が出される事があります。どちらも副作用に眠気が挙げられます。

他には湿布が出されます。以前は湿布を貼ることを進める医者が多いですが、ここ最近は湿布に頼らないようにある程度の生活習慣を変えたり、姿勢を変える事をアドバイスする医師も多くいます。どうしようもない時に湿布を使用するように指導されます。癖にならない為と、薬に頼らないようにする為です。

本当に重症で50肩のような何をしても痛い人には、注射を打ちます。神経ブロック注射やステロイド注射、ホルモン注射があげられます。肩こりの原因によって打つ注射が変わってきます。ここ最近は神経ブロック注射が一般的で、痛みをシャットアウトしてくれるものです。これでだいぶ楽になる人は多いです。

理学療法

首を固定して機械などで引っ張る牽引療法があります。頚椎を伸ばす事で、椎間板の負担を軽くします。姿勢が悪かったりすると、骨が近かったり骨の周りにコリが強くなるので、そこをほぐすためです。血流がよくなり、肩こりが軽減します。

よくあるのは低周波治療のように電気を流して刺激をする、電気療法。色々な種類がありますが、電流を流す事で、体の流れを変えていきます。詰まっている部分を流すという効果もあり、疲労物質の排泄がスムーズになります。

当サイト一番人気記事
【肩こり解消法】ひどい肩コリ改善のツボ!おすすめ解消グッズはヨガ体操より効果的?[メリーさんの高反発枕]