お風呂で身体を温める

温める事で解消できる

肩こりの原因の一つに、血液の循環の悪さがあげられます。血液の循環が悪くなる原因に、運動不足や冷えなどがあります。特に冷えは筋肉を硬くさせるほか、疲労物質を溜めてしまうので、よくありません。温めて肩こりが解消される事はよくある事です。

忙しかったり、暑い日などにはシャワーで済ましてしまう人も多いという現代人ですが、できればゆっくりお風呂につかる事が、肩こり解消につながります。しかも肩こりにより効果的なはいり方がありますから、お風呂に入っていない人もお風呂に入る習慣をつけて肩こりを解消しましょう。

半身浴が効果的

ぬるめのお湯にゆっくりつかるだけでも肩こりには効果がありますが、半身浴は特に効果が高いです。新陳代謝の上がり方が普通の入浴より高く、心臓に負担がかかりにくいです。半身浴は体のおへその上位までぬるめのお湯に30分以上つかっている事です。

肩が寒くなってタオルをお湯で濡らしてかける人もいますが、実はそれで返って熱を外に出してしまいます。もし肩にかけるのであれば、乾いたタオルにしておきましょう。

つかっているうちにだんだんと体の芯が温まってくるのがわかります。汗をかくくらいまでになる人もいるくらいです。万年冷え性の人は1回の半身浴では、なかなか温まった気がしないかもしれませんが、続けて入っていると、だんだん汗をかけるようになります。

お風呂から出たら軽くストレッチを

お風呂からあがってきて、すぐに体を冷ましてしまっては意味がありません。また体が温かいうちにストレッチをすると効果が高いです。そのためにお風呂から上がって寒くならないうちに、軽いストレッチや体操をしましょう。

簡単なストレッチとは、首を縦と横に倒したり、首を回したりします。あぐらをかいて、手を頭の上に持っていってそのまま体を倒し、また前屈をします。手を目の前に伸ばして、開いたり閉じたりするだけでも十分なストレッチになります。ゆっくりと動かすので十分です。ヨガのポーズをこのときに用いてもいいでしょう。

当サイト一番人気記事
【肩こり解消法】ひどい肩コリ改善のツボ!おすすめ解消グッズはヨガ体操より効果的?[メリーさんの高反発枕]