呼吸法で改善

呼吸法とは

呼吸法と言われると少し難しいものを想像するかもしれませんが、そうではありません。お腹で息を吸う「複式呼吸」でも十分な呼吸法です。もちろん、肩こり改善のための呼吸法というのがありますが、まずは複式呼吸だけでも肩こり改善には役に立ちます。

毎日少しずつする事で、自然と身につきますし、気づくと肩こりがよくなっているという人が多いです。腹式呼吸とは、男性は普段腹式呼吸と言われています。そこから男性が肩こりの人が少ない理由なのかもしれません。

腹式呼吸

腹式呼吸はお腹で息を吸ったり吐いたりする方法です。吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹がへこみます。普段生活している時には、胸式呼吸です。吸った時に胸が膨らむ呼吸です。腹式呼吸をするのには、一番最初は寝ながらするとやりやすいです。

仰向けに寝てお腹に手を当てます。息を吸った時に手を置いているお腹を意識して、吸いましょう。お腹が膨らんできましたか?そしてゆっくりと息を吐いていきます。それを3分くらい繰り返します。

初めは吸ってるのか吐いているのかわからなくなりますが、吐く方に集中していくとやりやすくなります。吸っている時間より吐いている時間の方が長い方がいいそうです。自分の感覚で構いませんが、最初はわからないと思うので、吸うのに5秒、吐くのに10秒ではじめてみてください。

丹田呼吸法

呼吸法の中で有名なのは丹田呼吸法です。精神面を良くする呼吸法と言われていますが、肩こりのための呼吸法も紹介しています。慣れるまで難しいと思われるかもしれませんが、続けていくと効果を感じるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

背筋を伸ばして、両腕をまっすぐに伸ばします。両手は肩幅の広さであげておきます。目を開けて肩の力を抜きましょう。口から息を吐きながらおへその下を意識して凹ませて、片方の手を上の方へ弧を描いて肩の後ろに伸ばしていきます。体制はまっすぐなままにします。

そして息を吸いながら元にもどします。片方ずつ5回、計10回くらい繰り返します。リフレッシュ効果もあるので、疲れが出てきた時にすると気持ちも楽になります。

当サイト一番人気記事
【肩こり解消法】ひどい肩コリ改善のツボ!おすすめ解消グッズはヨガ体操より効果的?[メリーさんの高反発枕]