肩こりが重症で起こる症状

肩こりに気づかない人に多い

肩こりがひどくなると、他にも色々な症状が出てきます。その症状は他の病気の症状と似ているために、肩こりが原因だとわかりません。調べても何も出てこず、ひたすらに症状がひどくなる場合には、肩こりが原因の場合が多いです。

そういった別な症状が出てきてきた事で辛い人のほとんどは自分が重度の肩こりと気づかない場合が多いです。肩こり自体がわからないなんて人も。意外に気づかないけど肩こりが重度になっている事が多いです。

肩こりがひどくて起こる症状

一番多く言われるのは頭痛です。頭痛がひどくて病院に行って検査したら、肩こりが原因ですと言われたという人も多いです。首に原因がある事もありますが、もしかして脳梗塞?と考えてしまいがちな程です。

肩こりからくる頭痛は緊張型頭痛と言って、ギシギシとした痛みや鈍痛も多くみられます。お風呂に入った後に、頭が痛いのが緩和する場合には、ほとんどがこの緊張型頭痛で、肩こりが原因になります。

同じく頭に症状がでるもので、めまいや言語が出ないという症状もあります。それこそ脳疾患だと思われがちですが、調べてみると肩こりの場合があります。めまいは血流が悪くて、頭に血が回ってない事からはじまっています。言葉が出てこないといった症状も同じです。

手足のしびれも肩こりからくることもあります。肩がコリすぎていて、気づかない事が多いですが、二の腕の付け根の部分がかなり硬くなっている事が触るとわかります。肩だけでなく、二の腕をマッサージしたり温めたりする事で、改善する事があります。肩を回したり上げ下げするだけでも改善します。

心臓が苦しくなる症状もあります。心臓の疾患だと思って行ってみたら何もなかったという人も多いです。心臓は心電図で調べればすぐに病気がわかります。それで何もなければ、心疾患はないという事です。

心臓の周りの筋肉が硬くなり、苦しくなっていきます。しかしそのまま放置しておくと、本当に心臓に悪い影響があるので、肩こりを治療する事をオススメします。

また精神面でストレスが強くて心臓が苦しくなる事もあるので、整形外科で何もなかった場合には、心療内科を受ける方がいいかもしれません。

→肩こり対策に六角脳枕を買いました!レビューです!