家で気をつけること

家での生活を変える

肩こりのためのグッズを買ったり、ストレッチなどをする事以外でも、気を付けているだけで肩こりの改善ができる事があります。本当に小さいことだったりしますが、それが原因で肩こりになっているという事は多くあります。もし自分にもあると思ったら、少し意識して生活してみると、変わってくるかもしれません。

小さな積み重ねをする

家の中で気をつける事ナンバー1は姿勢を正す事です。これは肩こりを持っている人誰もが何となく気づいている事だと思います。テレビを見るとき、本を読むとき、姿勢が悪くなっていませんか?意外に気づかないのは台所に立っている時。料理をしている時に前かがみになっていると、知らず知らずに首に負担がかかっています。台所の高さもありますが、調整できるのであれば、調整してみるのもいいでしょう。

食べるときにどちらかの歯だけで食べるのも肩こりの原因に結びつきます。食事をとる時は、姿勢よくして、左右両方同じくらいでよく噛んで食べましょう。忙しいから飲み込むように食べるのは体によくありません。またよく噛む事で、顎の発達があり、肩こりの解消にもつながります。

休憩をこまめにとる

家で家事をしたり、仕事を持ち込んでしていると、どうしても時間を忘れて終わるまでやってしまうこと多いです。でもタイマーをセットして1時間に1回は手を止めて、休憩したり、伸びをする。またはストレッチをするなどと決めておくといいでしょう。

特にパソコンで仕事をしていると、ずっと画面を見ている事で、眼精疲労やドライアイになっていまいます。そこから肩こりがくる事もありますから、1時間に1回は休んでおきましょう。また家事にしても、どこかで休憩を入れるようにします。

もし主婦の人であれば、1日1回床に寝転ぶ時間を作りましょう。首を休めるという意味です。10分程横になるだけで、首の負担は軽減します。そこから肩こりの症状が緩和する事もあります。また気持ち的にも一段落すると、緊張がほぐれて次に集中できていいです。

当サイト一番人気記事
【肩こり解消法】ひどい肩コリ改善のツボ!おすすめ解消グッズはヨガ体操より効果的?[メリーさんの高反発枕]