冷え性を治そう

女性の過半数が冷え性に悩む

女性の一番の悩みは冷え性です。夏なのに靴下がないと眠れない、手足が冷たいなど色々な悩みがあります。そういった人はたいがい平均体温が低い人が多いです。肩こりの原因のひとつも冷え性と言えます。

体が冷えてしまっているから、新陳代謝が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなってしまっているのです。冷え性が治った事で、肩こりが解消した人は実に多いです。

平均体温が35度代だったのが、36度代になったら、急に元気になった人も。冷え性を解消しつつ肩こり改善をしていくと、より相乗効果もありよくなっていきます。

冷え性の原因

原因は色々ありますが、職場のクーラーと答える人が圧倒的に多いです。職場でなくても電車のクーラーや送風が直接当たる事で、冷えが生じている人。もともと冷え性でなかったのに、職場のクーラーに当たるようになったら、冷え性になったという人もいます。

もう一つは運動不足。1日1時間歩かない人なんてざらにいます。しかし運動しない人は新陳代謝があがらず、体温も下がったままです。ハードな運動をしなくても、ちょっと生活n中に運動を加えるだけでも、冷え性は改善します。

甘いものを食べ過ぎる人も冷え性になります。甘いものは蓄積して、血流を悪くします。血液をドロドロにしやすいです。血流が悪いと体は燃焼しようという風にならないので、体が冷えていきます。過度な摂取は控えた方がいいようです。

冷え性を改善しよう

冷え性対策は色々あります。クーラー病などは一枚多く着るしか方法がありませんから、会社用などにカーディガンを持っていきましょう。また有名なのは生姜を摂取する事。紅茶に入れたり、味噌汁に入れたりして摂取します。

1ヵ月毎日摂取するだけで、体温が少し上がっているから不思議です。生姜が前もって入っているものもありますから、そういったものを取り入れてみてもいいかもしれません。唐辛子も同じ効果で、唐辛子の入っている料理を食べると体が温まります。食事に気を付けてみるといいでしょう。

あとは運動です。ストレッチでもウォーキングでもスクワットでもいいです。特に下半身を鍛えると、血流がよくなるので、下半身中心に動かします。冷え性がなくなるだけでなく、肩こりは必ず少し改善しています。

→肩こり対策に六角脳枕を買いました!レビューです!