外出先で気をつけること

外でこそ気をつける

外に出るときに気を付けて置くことは一杯あります。しかしあまり気をつけようとがんじがらめにすると、ストレスになりますから、自分の気になる事を、一つずつ改善していければいいと思います。外に出るという事は、仕事もそうですし、買い物でも同じ事です。意外に普通にやっている肩こりを悪化させる事、一杯あるものです。

正しい歩き方

とにかく歩くときに姿勢良くまっすぐにあるきましょう。10mくらい先を見て歩くくらい遠くまっすぐ見てあるくといいです。ショルダーバックなど肩からかけるバックは、肩こりの人はなるべく使用しない方がいいです。バランス良く左右にバックを持つというのが理想です。

または姿勢を良くするために、リュックを背負う人もいます。しかし仕事でリュックを背負う人は少ないでしょうから、右に持っている時間と左に持っている時間を同じにするなど工夫してみてください。それだけでだいぶ違います。

また、よく歩くようにしましょう。休みの日でも1日1時間は歩くようにします。自分の街の知らない場所に行ってみると新しい発見があって、楽しいかもしれません。

仕事の環境を整える

仕事がデスクワークの人は、姿勢よく仕事をする事を心がけましょう。パソコンを使って仕事をしている場合には、椅子や机、モニターなどの位置を確かめて仕事をしましょう。パソコン画面が下にあると、肩こりになりやすいです。極端に上にする必要はありません。

まっすぐにして同じくらいか、ちょっと上くらいの気持ちでパソコンの画面を調節しましょう。また椅子に座る時も、おへそがちょうど机にくるくらいがちょうどいいです。姿勢を伸ばして、書物をしたり、書類の整理をするようにしましょう。

またパソコンをする人はどうしても眼精疲労になりやすいです。目薬を持参するなど工夫をしましょう。1時間に1回は目を休める、目の運動をするのもオススメです。

当サイト一番人気記事
【肩こり解消法】ひどい肩コリ改善のツボ!おすすめ解消グッズはヨガ体操より効果的?[メリーさんの高反発枕]